トークスクリプトの品質の良し悪しはドラマと一緒?!

コールセンターの品質と言うのは、トークスクリプトにより決まります。
そう言っても過言ではありませんよね。
これは何故かと言うと、テレマーケティングで、顧客の評価に繋がる点は、オペレーターがどのように接したかと言う点に尽きるからです。
それは窓口ですね。
この対応の内容次第では、商品の質、サービスの適正以上に、評価に響く結果になります。
そして、その評価を決定付けるのが「トークスクリプト」と言うことになります。
トークスクリプトと言うと仰々しく聞こえますが、要は台本と言うことですね。
例えば、ドラマなどの質を評価する場合は、全体のストーリーがあります。
こえはもちろんですが、台本の質もかなり重要な要素になります。
役者のセリフひとつで、そのドラマに共感することが出来るか、悪い感じに聞こえるか!? それが決まると言ってもい位い大きな意味を持っていまです。
ドラマですらそういう面があることを考えると、対話形式のテレマーケティングでは台本が持つ意味は殊更大きくなると言うことは、いうまでもないと思います。
『トークスクリプト』あと、ある程度ジャンルの垣根を越えることも出来ます。
その為、ひとつのプランニングが作成された時点で、既にある程度の内容が出来ます。
ただ、時代は常に移ろっていますよね。
そして、その時代に即したマイナーチェンジが必要と言えます。
同時に、そのジャンルならではのマニュアルも必要です。
そんなことで、トークスクリプトの管理と言うのは常日頃から行わなくてはいけないと言うことですね。
クレーム、厳しい批判といったものの中には、「金言」と呼べるものがあります。
これは必ず含まれています。
そうすることが、テレマーケティングにおいては重要と言えます。
韓国ドラマ無料日本語字幕